キャリアハブの実現をめざし、
エンジニアの最適解を支援
INTERVIEW

奥山 瑛代

人材開発部 キャリアサポート 奥山 瑛代

大学卒業後、大手OA機器メーカーに就職し、法人営業を3年経験。2015年4月、株式会社ラクス HR事業部(現・ラクスパートナーズ)に入社。既存顧客向け営業を経験後、Webエンジニア、クラウドエンジニア、機械学習エンジニアのキャリアサポートを担当する。

自分らしい価値を提供し、喜んでもらえる仕事がしたかった

ラクスパートナーズへ入社した理由から教えてください。

前職のOA機器業界は成熟し切っていて、競合との差別化が難しく、価格の安さで購入の可否が判断される世界でした。しかも、扱う商材が幅広く、新しい商材がどんどん入ってくるため、専門性を磨く暇もない毎日。そのため、お客様に私らしい価値を提供できているのか、お客様に喜んでもらえる営業ができているのか、日々悩んでいました。

そこで、とにかく環境を変えようという思いで転職活動に踏み切り、出会ったのがラクスでした。私は元来、人と関わることが好きで、お客様とエンジニアの架け橋になって課題を解決し、双方に喜んでもらえるのならぜひ挑戦したいと思いました。

ミッションは、「キャリアハブ」を実現すること

奥山さんは営業を経て、キャリアサポートに携わっているのですね。

当社の前身である(株)ラクス HR事業部にて既存顧客向けの派遣営業を3年間経験後、体制変更を機に、キャリアサポートチームの立ち上げから携わっています。

ちょうどその頃、専門性を身に付けたいと意気込んでいた私は、上司に「キャリアコンサルタントの資格取得をめざしたい」と伝えていました。その熱意を汲んでくれて、立ち上げメンバーに抜擢してくれたのだと思います。

キャリアサポートとしてどのような業務を担っていますか?

当社に入社したエンジニアが研修を終えた後、私たちキャリアサポートがエンジニアの窓口になります。そして、日々の業務や職場に関する相談対応から、就業先の変更や転職といった中長期的なキャリア支援まで、エンジニア一人ひとりに対してトータル的に支援しています。

そのすべてに共通するミッションは、ラクスパートナーズのビジョンの一つである「キャリアハブ」を実現することです。

キャリアハブとは、キャリアの中心地になるということですね。

そうです。ラクスパートナーズに入社したエンジニアが、当社でどこでも通用するスペシャリストに育ち、それぞれが希望するキャリアに進んでいく。それがキャリアハブという当社独自のスタンスで、その支援を行うのがエンジニアに一番近い立場で行っているのが当社のキャリアサポートなんです。

エンジニアにとって最適な選択をフラットに考え、支援する

そのためにどんなサポートを行っているのですか?

研修終了後、アサイン決定時、就業中、就業先の変更時、さらには転職・退職時、キャリアチェンジなども含め、エンジニアが直面する様々なキャリアのフェーズにおいて、エンジニアにとって最適な選択肢を一緒に考え、課題解決や望むキャリアを叶えるのために必要な支援を行っています。

例えば、就業まもないエンジニアに対しては、「現場を変えたい」という意向があったとしても、意向に沿うだけではありません。

なぜ現場を変えたいと思うのか、どんなキャリアを歩みたいのか、まずはじっくりと耳を傾けます。そして、その内容に応じて、現場=環境を変えて成長を促すこともあれば、今の現場に留まって経験を積むことを助言することもあります。

経験を積んだエンジニアが転職を考える際には、転職の支援も行う?

そうです。そこが他の派遣会社とは違う当社ならではの特徴であり、キャリアハブの考え方を象徴しているといえます。

経験を重ねていくにつれて、エンジニアは得意分野のスペシャリストをめざすか、あるいはマネジメントの道に進むか、大きくふたつのキャリアパスに分かれていきます。その方向性についても日頃の面談で確認しあい、希望のキャリアを明確にしていきます。
ラクスパートナーズは多くの取引先があるので、就業先を変更しながら様々な経験を積むことができます。ですが、エンジニアが望むキャリアが就業先の変更よりも他社へ転職する方が叶えやすいこともあります。そのような場合は経験値やスキルの習熟度を見ながら、自社の人材紹介部門であるRPエージェントと連携して転職支援を行っています。

転職まで視野に入れ、エンジニア目線のキャリア支援を行っているのですね。

エンジニアにとって就業継続・転職のどちらがいいのかをフラットに考え、転職を選ぶ際にも背中を押して支援する。それが、ラクスパートナーズの考え方です。

そうしたエンジニア目線を徹底したサポートで意識しているのは、「エンジニアの希望を傾聴し、正しく理解すること」「どのような選択肢があるのかを一緒に考えること」「懸念事項やリスクがあれば早い段階で伝えること」。この3つをふまえてエンジニアに向きあうようにしています。

エンジニア・会社双方に貢献するやりがいと難しさ

キャリア支援が一方向ではなく、重層的。だからこそ、やりがいも大きい?

大きいですね。ふだんから「話を聞いてくれてスッキリした」「自分の強み・弱みを客観的に気づけた」など、エンジニアからもらう言葉一つひとつにやりがいを感じますが、エンジニアの望むかたちでキャリアを支援でき、かつ会社への貢献に結び付いたときには、なおさら嬉しいですね。

というと?

様々なケースがあるのですが、当社の特色である転職支援においては、とりわけ印象深かったエンジニアがいます。その人は未経験で入社したWebエンジニアで、様々なプロジェクトを経験しながらスキルアップを重ねていきました。当社のキャリアハブの考え方にも共感してくれて、転職の際には他社からもラブコールを受けるなか、当社のRPエージェントを介して転職先を決めてくれたんです。

未経験からの成長を後押しし、当社を巣立って新たなキャリアへ。当社のキャリアハブを体言するような支援ができ、エンジニアと会社双方に貢献できたことに、大きな手応えを感じることができました。

その反面、難しさもあるのではないでしょうか。

もちろんあります。エンジニア、営業、会社、お客様と、それぞれ立場が異なりますから、最適解を導き出すことの難しさを日々感じています。

エンジニアファーストが大前提ですが、エンジニアの声に引っ張られ過ぎてしまうと、関係各所とのバランスを崩しかねません。そのバランスを取りながら最適解を導き出すことに、今も試行錯誤を重ね続けています。

新しいチャレンジや改善がいっそう加速するタイミング

入社7年目の奥山さんには、ラクスパートナーズについてはどう映っていますか?

エンジニアも内勤スタッフも人数が増え、私の入社当初に比べて内勤スタッフの数は約3倍になっています。エンジニアの職種や内勤スタッフのポジションも年々増えています。こうした会社の成長を肌で実感できることも、当社で働く魅力の一つだと思います。

私がキャリアサポートやキャリアハブの仕組みづくりから挑めたように、これからも会社の成長とともに体制強化や事業拡大が進み、新しいことへのチャレンジや改善がスピーディに動いていくのだろうと感じています。

会社の雰囲気についてはいかがですか?

会社が成長期にある一方で、人と向きあう人材サービス会社ということもあって、内勤チームには優しい人が多く、落ち着いた雰囲気だと思います。エンジニアは成長意欲の高い人が多く、エンジニアを支える私たちもいい刺激を日々もらっています。

キャリアハブの考え方をよりいっそう浸透させたい

そうした環境で働くことで、自身の成長についてはどう感じていますか?

日頃の実務を通してはもちろん、キャリアコンサルタントの資格を取得したことで、体系的にもカウンセリングやコーチングのスキルを磨くことができています。

エンジニアに対してはもちろん、キャリアサポートの後輩に対するOJTを担当した際も、後輩の話を傾聴し、納得して前向きに取り組んでもらえるように働きかけるように取り組んできました。その際には、私自身が前向きに業務に取り組み、私の持っている情報やノウハウをできるだけ共有するように努めました。

そうやってあらゆる場面で対人スキルを磨き、発揮するシーンに恵まれていることも、キャリアサポートならではの魅力だと思います。

最後に、これからの目標を教えてください。

現在は新しく担当し始めた機械学習エンジニアに対するキャリアサポートに重点的に取り組んでいるところです。さらに今後、新たな領域でキャリアサポートを立ち上げる際には、これまでの経験を活かして貢献していきたいと思っています。

と同時に、キャリアサポートやキャリアハブの考え方を社内にいっそう浸透させ、社内でのキャリアに留まらず、転職など社外も含めたエンジニアのキャリア全般について当たり前に話ができる風土をつくっていきたいです。そうすることで、エンジニアのキャリアの可能性を広げ、支援を広げていきたいと思っています。